司書養成科目

 司書資格を取得するために履修する必要のある科目を紹介しています。

 また司書養成科目カテゴリを、大分類、中分類、小分類で整理されています。
大分類には、司書資格を取得するために必修とされている司書養成科目があり、中分類には、各科目における学習内容があります。そして小分類には、学習内容に関係のあるキーワードとして学習キーワードが階層関係を用いて表現されています。 なお、学習キーワードについては、一つのキーワードが複数の科目に存在している場合もあります。同一キーワードは基本的に同じ内容になっていますが、一部各科目の学習のねらいや学習内容を考慮して該当するものに科目名を付与している場合があります。

  • 基礎科目
  • 生涯学習概論
  • 生涯学習及び社会教育の本質と意義の理解を図り、教育に関する法律・自治体行財政・施策、学校教育・家庭教育等との関連、並びに社会教育施設、専門的職員の役割、学習活動への支援等の基本を解説します。
  • 図書館概論
  • 図書館の機能や社会における意義や役割について理解を図り、図書館の歴史と現状、館種別図書館と利用者のニーズ、図書館職員の役割と資格、類縁機関との関係、今後の課題と展望等の基本を解説します。
  • 図書館情報技術論
  • 図書館業務に必要な基礎的な情報技術を修得するために、コンピュータ等の基礎、図書館業務システム、データベース、検索エンジン、電子資料、コンピュータシステム等について解説し、必要に応じて演習を行います。
  • 図書館制度・経営論
  • 図書館に関する法律、関連する領域の法律、図書館政策について解説するとともに、図書館経営の考え方、職員や施設等の経営資源、サービス計画、予算の確保、調査と評価、管理形態等について解説します。
  • 図書館サービスに関する科目
  • 図書館サービス概論
  • 図書館サービスの考え方と構造の理解を図り、資料提供、情報提供、連携・協力、課題解決支援、障害者・高齢者・多文化サービス等の各種のサービス、著作権、接遇・コミュニケーション等の基本を解説します。
  • 情報サービス論
  • 図書館における情報サービスの意義を明らかにし、レファレンスサービス、情報検索サービス等のサービス方法、参考図書・データベース等の情報源、図書館利用教育、発信型情報サービス等の新しいサービスについて解説します。
  • 児童サービス論
  • 児童(乳幼児からヤングアダルトまで)を対象に、発達と学習における読書の役割、年齢層別サービス、絵本・物語等の資料、読み聞かせ、学校との協力等について解説し、必要に応じて演習を行います。
  • 情報サービス演習
  • 情報サービスの設計から評価に至る各種の業務、利用者の質問に対するレファレンスサービスと情報検索サービス、積極的な発信型情報サービスの演習を通して、実践的な能力を養成します。
  • 図書館情報資源に関する科目
  • 図書館情報資源概論
  • 印刷資料・非印刷資料・電子資料とネットワーク情報資源からなる図書館情報資源について、類型と特質、歴史、生産、流通、選択、収集、保存、図書館業務に必要な情報資源に関する知識等の基本を解説します。
  • 情報資源組織論
  • 印刷資料・非印刷資料・電子資料とネットワーク情報資源からなる図書館情報資源の組織化の理論と技術について、書誌コントロール、書誌記述法、主題分析、メタデータ、書誌データの活用法等を解説します。
  • 情報資源組織演習
  • 多様な情報資源に関する書誌データの作成、主題分析、分類作業、統制語彙の適用、メタデータの作成等の演習を通して、情報資源組織業務について実践的な能力を養成します。

詳しく知りたい方は、こちらを参照してください。(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/
b_menu/shingi/chousa/shougai/019/gaiyou/1243330.htm