音楽司書からのメッセージ

 アメリカン音楽大学音楽・舞台芸術専門司書 松岡伸枝様よりお寄せ頂いたメッセージを掲載しています。MeLoDi管理者による和訳も付けています。


    Librarians' typical responsibilities have been acquiring, organizing and disseminating information while adapting to social and technological changes. In an academic setting in the United States, in addition to these typical responsibilities, librarians are expected to teach information literacy seminars and to assist students and faculty in their research projects. The activities of librarians vary depending upon the institutions in which the librarians are employed. More and more, librarians are expected to possess specialized subject areas of expertise. In the case of music librarianship, we must understand and be capable of handling various types and editions of musical scores and sound recordings. Music librarianship in academia is rather unique; we serve an insular community. We often know our library users by name and even what they study. These users share stories about their classes, lessons and concerts, among other things. It is very rewarding to support this kind of community by providing them with the materials and community spaces they need. The most rewarding part of being a music librarian is being involved in the creative process of performing arts. Any information that you provide the artists becomes part of their finished product: concerts, recitals or theatrical performances, for example. There are many obstacles for the librarians in Japan to pursue specialized fields of librarianship, since social, cultural and educational structures are very different from those in the U.S. However, librarianship is a highly rewarding career. I am hoping that many students are encouraged to become librarians and make a difference in their chosen communities.

    Music/Performing Arts Librarian
    American University
    Washington, DC, USA
    Nobue Matsuoka



     ライブラリアンの基本的な責務は、社会的・技術的変革に適応しながら情報を入手・組織化し、提供することです。
     アメリカの学術的機関では、このような責務に加えて、情報リテラシーセミナーの指導や,学生や教員の研究プロジェクトの支援がライブアリアンに期待されています。
     ライブラリアンの活動は、図書館司書が所属している組織によって多様です。
     ライブラリアンは主題の専門的な知識を持つ専門家としてますます期待されています。
     音楽図書館情報学の場合、さまざまな種類や版の楽譜や録音音源を扱い、理解することが必須です。
     学術研究機関の音楽司書職はかなり特殊なものです。私たちは独特のコミュニティにサービスを提供しています。私たちはしばしば、私たちの図書館の利用者たちをあだ名で呼び,何を学んでいるのかを把握します。このような利用者たちは彼らの授業や個人レッスン,演奏会などについての話題をお互い共有します。
     音楽ライブラリアンとしてやりがいがあると思うことは、利用者が必要としている資料や、コミュニティの活動の場を用意することです。
     音楽ライブラリアンの一員であることで最も光栄であることは、舞台芸術の創造過程に参加できることです。
     芸術家たちに提供するどんな情報も、彼らの作り上げた成果の一部となります。例えば,コンサート、リサイタル、演劇です。
     日本の図書館司書が特別専門職として従事することにはたくさんの障害があります。それは、社会的・文化的・教育的な構造がアメリカのそれらとは大幅に違うからです。
     しかしながら、司書職は非常に価値のある職業です。
     私は、多くの学生が司書になり、彼らの選んだ場に活躍することを願っています。

    和訳:2014年度MeLoDi制作者